スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひでひとの鳴く頃に(3)




現在、リアルで麻雀をするなら、全自動卓でやるのが主流だ。つまり、麻雀に使う牌は、機械によって自動的にかき混ぜられてからセットされる。僕が高校生当時でも全自動卓は存在した。しかし、お金が無い高校生が家でやる麻雀なんて、もちろん手積みでやる麻雀であった。


手積みの麻雀は、自分たちで牌を積んでセットしなければならない。これは裏を返せば、積むときに、自分の前の山に限っては、牌をえり好んで好きなように積めるのである。



現在はプロとして、つまり「競技」として麻雀を行う場合は、公平性を欠くので、自動卓でしかやらない、さらに、なんらかの事故で競技開始前に牌が見えてしまったりしたら牌の積みなおしをすることもある。しかし、当時我々のやっていた麻雀はあくまで「競技」ではなく、単なる「ゲーム」としての麻雀だった。その点において、勝つためになら明らかな不正を除いては、勝ちに行くための方法を、戦術の上からであるにせよ、ゲームの性質の上からであるにせよ、いろいろ考え、そして実際勝ちに行ったのであった。



前置きが長かったが、とどのつまりTが用いた「必勝法」とは、「牌山への細工」だった。


といっても、露骨なイカサマとしての積み込みをしたわけではない。彼がしたことは2つ。1つは、山のどこにどんな牌があるかを記憶すること。それによって、彼は自分の手牌と照らし合わせ、手作りをしていた。もう1つは、東家(親)と西家は牌山の上をツモり、南家と北家は牌山の下をツモるという構造を利用し、場合によって好牌とクズ牌を固める、といったこと。「競技」としての視点からすると、完全にアウトだが、当時の僕らにはまったくそんなことは関係なかった。


さて、ただそれだけのことで果たして有利になるのか?メンツが、ある程度そういったことを知っていて、経験もあり、それなりに技術があるならば、そこまで勝ち負けに影響するかはわからない。しかし、初心者に毛が生えた程度の奴らに勝つだけなら、十分だった。



Tは、Mも時々そのようなことをしている節があったので、それに気づいて、自分でもやったのだろう。僕はどちらかといえば牌効率とかそっちの方に注意を払っていたので、気づくのが遅れてしまった。気づいてからは、「積んだな」と思われたときには、積極的に鳴いてツモをずらすなどして対抗した。そうやっていくうちに、毎回麻雀するたびに、僕とTとMの誰が勝つか、みたいな状態になってきた。その他のメンバーが入れ替わったりはしたが、その3人のいずれかが勝つというのは変わらなかったのだった。



いつの間にか春が訪れ、僕らは受験生になっていた。
しかし、それでも僕らは頻度は少なくなったが、麻雀のために不定期に集まり、やり続けていた。そして、大学合格後、さらにディープな麻雀世界へとのめり込んでいくことになるのであった。




続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

続きが楽しみてむ(*´ω`*)

No title

牌山への細工とは…リーチに対してはベタオリみたいな戦術を予想してただけに予想外の展開ですな(*´ω`*)
この話は比嘉さんがプロになるまで続くんですかね?(*´ω`*)
いやあ続きが早く読みたいですな(*´ω`*)

No title

>>名無しさん

ありです(*´ω`*)
がんばってかきます^^

>>焼き鳥名無しさん

一応その予定です(*´ω`*)
なるべく早く書きますね!!!
プロフィール

hidehitox

Author:hidehitox
日本プロ麻雀協会比嘉秀仁です。


~戦績~
第七期日本オープン準優勝 
第八期新人王戦 ベスト8


麻雀はもちろんですが、哲学、論理学、心理学、政治学等に興味があります。音楽は、ブランキージェットシティやマキシマムザホルモンなどのダサかっこいいのが基本好きです。読書(漫画含む)も好きです。



ブログを二つほど設営しています。
雑記「後から刺すな」 http://blogs.yahoo.co.jp/hidehitox52
天鳳遊戯 http://hidehitox.blog54.fc2.com/

mixiもやっていますのでしている方は是非マイミクに。

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14760950

はこパラもやってます。

http://hakopara.jp/sns/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=13084

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。