スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(1)

「ガッチャ、麻雀やろうぜ」




高校2年生のある日、友人Mが突然友人2名を引き連れ、家に来てそう言った。当事、僕は麻雀のマの字も知らなかった。というか、その場にいたM以外は誰も麻雀のルールなど知らなかった。しかし、Mにはそんなこと関係ない。


彼はかなり強引な奴で、たとえば、僕の中学までのあだ名は「ヒデ」で通っていたが、高校に入ったときに、彼の崇拝するXJAPANのHIDEと被るからといって、次の日から無理矢理クラスメイトたちに「今日からコイツのあだ名はガッチャでよろしく」と頑なに押し通し、3日くらいで完全に定着させてしまった。


そんな彼が「麻雀なんてわからんよ」などと僕が言っても「じゃあ今から覚えようか」と言ってやはり強引に家に上がりこみ、タバコを蒸かしながらざっとルールを教えたのであった。


もちろん、相当基礎的なことしか教わらなかったので、とりあえず「同じ絵柄を三つそろえていくか、3つの数の並びをそろえていくか」ぐらいしかわからなかった。たびたび役無しテンパイをして「これアガれんの?」と聞き、いちいち見てもらったりした。それでも仕組みがイマイチわからず、結局その場で覚えたのは「全部ポンした奴はアガれる」ってことだけだった。


だから、とにかく2枚牌を揃え、ひたすら「ポン!」「ポン!」「ポーン!!!」と叫び続けた。M以外は初心者なので、意外と鳴けるしアガれた。Mはトイトイしかできない僕を見て、「君あしたから名前トイトイガッチャね」とニヤニヤ笑いながら再び煙草を蒸かすのだった


Mは一半荘練習し終わったときに「じゃあ今から本番ね、点1で。賭けないとおもしろくないから」と言って、やはり強引に賭けさせられた。初心者相手になかなか鬼畜である。まあその点1という言葉もよくわからないし、どうせゴリ押しされるので「なんでもいいよ」と言って麻雀を打ったのであった。確か1000円くらい負けた。


そんなよくわからないゲームだったけど、アガれたときは何かすごく嬉しくて、「おもしれえな、またやりてえな」と思ったのであった。



これが僕の最初の麻雀との出会いであった。それがまさかプロになるまでに至るとは夢にも思ってなかったのは言うまでもない。






たぶん続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hidehitox

Author:hidehitox
日本プロ麻雀協会比嘉秀仁です。


~戦績~
第七期日本オープン準優勝 
第八期新人王戦 ベスト8


麻雀はもちろんですが、哲学、論理学、心理学、政治学等に興味があります。音楽は、ブランキージェットシティやマキシマムザホルモンなどのダサかっこいいのが基本好きです。読書(漫画含む)も好きです。



ブログを二つほど設営しています。
雑記「後から刺すな」 http://blogs.yahoo.co.jp/hidehitox52
天鳳遊戯 http://hidehitox.blog54.fc2.com/

mixiもやっていますのでしている方は是非マイミクに。

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=14760950

はこパラもやってます。

http://hakopara.jp/sns/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=13084

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。